/

この記事は会員限定です

味の素、食品の栄養バランス見える化 23年に製品表示

[有料会員限定]

味の素は粉末スープや冷凍食品などの製品に含まれる栄養バランスを評価する手法を開発した。日本や東南アジアなど7カ国のグループ9法人で導入した。個々の栄養素ではなく、栄養バランスを「見える化」して商品開発に活用する。2023年3月期には評価内容を製品にも表示する。

製品に含まれるナトリウムなど過剰摂取を避けるべき栄養素と、不足しがちな食物繊維などの含有量をもとに、製品の栄養価値を総合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン