マンション管理適正化法改正案 老朽化対策へ認証制度
注目の法案

2020/5/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が今国会に提出したマンション管理適正化法などの改正案は築年数の古い建物の老朽化対策を目的とする。管理が適切な建物を地方自治体が認定する制度をつくるほか、建て替えのために敷地を売却しやすくする。

今国会で成立すれば2022年までに完全施行する。国土交通省によると築40年超のマンションは81万戸。10年後に2.4倍、20年後には4.5倍に増える見通し。修繕積立金を計画どおりに積み立てていないマン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]