再処理工場、稼働には暗雲 プルトニウム削減が壁に

2020/5/13 19:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原子力規制委員会は13日、日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)について事実上の合格証となる「審査書案」をまとめた。再処理作業では核兵器にも転用可能とされるプルトニウムが生まれる。米国は日本が持つ余剰プルトニウムの削減を強く求めてきたが、政府は有効な対策を打ち出せずにきた。その無策のツケは工場の稼働計画に大きな影を落としている。

今後、一般や経済産業相からの意見を聞き合格への手続きを進める。「審…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]