/

帯広畜産大内の酒蔵完成、上川大雪酒造が6月から醸造

上川大雪酒造が大学構内に建設した酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」

上川大雪酒造(北海道上川町)が帯広畜産大学(帯広市)の構内で建設を進めていた酒蔵がこのほど完成した。13日には醸造設備が搬入された。6月から試験醸造を始め、7月にも日本酒を発売する計画だ。企業が大学構内に酒蔵をもうけるのは全国で初めてという。酒蔵名は構内の学生寮にちなみ「碧雲蔵(へきうんぐら)」とした。

醸造所の敷地面積は仕込みをする製造棟とセミナー棟を含めて約3700平方メートル。飲食店やアンテナショップを併設し醸造工程を学べるツアーを開催したり、日本酒造を担う人材を育成したりする。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン