スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

シャトル追う師弟は相棒に バド男子複の遠藤・渡辺組

2020/5/13 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

まだ東京五輪の今夏開催が予定されていた3月、バドミントン男子ダブルス日本代表の遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)は、日本勢で初めて同種目で全英オープンを制した。その勢いで乗り込みたかった大舞台は1年先へ延びたが、33歳遠藤と22歳渡辺、年齢差11歳のペアは、「さらに強くなるチャンスができた」と前だけを見つめている。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、3月17日に英国から帰国後、2週間の自宅待機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
オンライン記者会見で次戦への意気込みを語る女子ゴルフの渋野日向子(3日)=日本女子プロゴルフ協会提供・共同日本女子プロゴルフ協会提供・共同

 女子ゴルフの渋野日向子が3日、昨年メジャー制覇を果たしたAIG全英女子オープン(8月20日開幕)について「2連覇できるのは私しかいない。やるとなったらかなり楽しみ。練習してきたことを、早く試してみた …続き (7/3)


 白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が2日、闘病公表後初めて、報道陣に東京都内での練習をオンラインで公開した。約1年の入院生活を経て、3月に練習を再開。「また強くなってみんなよ …続き (7/2)

プレーオフの末、鈴木愛(右)に競り勝ち喜びをかみしめる渡辺=ゲッティ/JLPGA提供ゲッティ/JLPGA提供

 プレーオフの舞台となった18番、523ヤードのパー5は3日目まで3日連続バーディーフィニッシュとした飛距離自慢の渡辺にとってはもってこいのホール。第1打、2打とつないでピン手前30ヤードの花道からの …続き (6/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]