名古屋の金融支援、10金融機関追加認定 手続き簡素化

2020/5/13 19:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋市は13日、新型コロナウイルスで売り上げが減った中小企業向けの市の融資制度について、新たに瀬戸信用金庫など10金融機関を連携機関として追加認定した。市内に本店を置く名古屋銀愛知銀中京銀、中日信用金庫が既に認定を受けており、連携機関は14に増えた。

市は新型コロナの感染拡大に対応し、中小への資金繰り支援として同制度を始めた。事業者は連携機関の窓口に行けば、簡素化された手続きで融資を申し込むことができる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]