/

この記事は会員限定です

経済の「今」オルタナデータでつかむ 予測に実態反映

ナウキャスト社長 辻中仁士

[有料会員限定]

「新型コロナウイルスの感染拡大で消費が大きく変わったのがわかるでしょう」。ナウキャスト(東京・千代田)社長の辻中仁士(30)は、パソコン画面に表示された折れ線グラフを指さしながら熱っぽく語る。

持論は「データは鮮度が命」。1200店のスーパーで食料品や日用品がいくらでどれだけ売れているか。経済の「今」を映すデータをわずか2日後の午前7時に顧客に届ける。売上高のグラフは一斉休校の直前の2月末に山を描...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Game Changer

斬新な発想で地球規模の問題解決やビジネス創造に挑むリーダーらを取り上げます。1980年代以降に生まれたミレニアル世代、それに続くZ世代の旗手を国内外で取材。社会に変革を起こす挑戦者たちの世界観に迫ります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン