/

この記事は会員限定です

母性のバトン 映画監督 安藤桃子

[有料会員限定]

15歳で単身イギリス留学をし、大学卒業後に帰国。結婚して高知県に移住するまで、東京の実家で両親と共に暮らしていた。数年前に離婚し、シングルマザーになり今は娘と2人暮らし。朝、娘を幼稚園に送り届ければ夕方までは母のスイッチはオフ、集中して仕事をする生活の切り替えも板につき、習慣リズムは固定されはじめていた。この先もずっとこんな感じなんだろうと想像していた。

3月末、父(奥田瑛二)が仕事でプロデューサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン