マレーシアGDP0.7%増、1~3月期
10年半ぶり低成長

2020/5/13 17:27
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】マレーシア中央銀行は13日、2020年1~3月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比で0.7%増えたと発表した。3月18日に新型コロナウイルスの感染を抑制する目的で大規模な移動制限に踏み切った影響で、生産や消費が急速に悪化した。四半期ベースでは09年7~9月期以来、10年半ぶりの低い成長率となった。

マレーシアの鉱工業生産や小売り関連の指数は2月まで前年比でプラスを維…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]