疲弊する埼玉県内の劇場・ホール 公演中止で積み上がる損失

2020/5/13 17:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館中の埼玉県内の劇場やホールが疲弊している。国の緊急事態宣言の延長により5月末までの休館が決まり、公演再開のめども立たない。「3密」になりやすい施設だけに、代替イベントも企画できず、収入はほぼゼロで損失ばかりが積み上がる。感染防止の重要性には理解を示しつつ、芸術文化が「不要不急」とされる現状に危機感は強い。

JR与野本町駅(さいたま市)から徒歩7分の場所にあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]