横浜市長「驚きない」 米サンズIR進出断念

関東
神奈川
2020/5/13 19:50
保存
共有
印刷
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)を運営する米ラスベガス・サンズが日本への進出断念を決めた。同社が候補地としていた横浜市の林文子市長は13日、新型コロナウイルス感染拡大の影響が世界的に広がっているとして「驚きはない」と指摘。IRの推進を引き続き続ける方針を示した。国がIR実現を目指す以上、同市も誘致を続けていくとした。

横浜市の林文子市長が定例記者会見で答えた(13日、横浜市)

同日、定例記者会見で報道陣の質問に答えた。林市長は米サンズの断念を報道で知ったとしたうえで「細かい理由は確認が取れていない」と述べた。今後、別のIR事業者でも同様の動きが広がる可能性があるかどうかは、「想像もつかない」と述べるにとどめた。

一方、事業者と接触する担当部局では民間事業者から募ったコンセプト提案に関するやりとりなどについて守秘義務があるとして、折衝内容を明らかにしなかった。4月に新型コロナの影響で手続きを2カ月延期したが、今後の方針策定など作業は続けるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]