/

雪印メグミルクの20年3月期、純利益13%増 巣ごもりで牛乳など好調

雪印メグミルクが13日発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前の期比13%増の121億円だった。増益は2年ぶり。健康志向の高まりや巣ごもり消費が追い風となり、牛乳やヨーグルトの販売が伸びた。コンビニエンスストアなどで乳製品の取扱量が増加し、卸販売を手掛ける子会社も好調だった。

売上高は2%増の6134億円だった。料理での用途拡大でバターの販売が伸びた。内臓脂肪を減らす効果があるという「恵ガセリ菌SP株ヨーグルト」も堅調だった。一方、チーズは競争激化を背景に減収となった。

営業利益は4%増の179億円。原材料価格や物流費の上昇が利益を圧迫したが、昨年に実施した値上げの影響で補った。販促費も減らした。

21年3月期の売上高は前期比1%増の6200億円、純利益は7%増の130億円を見込む。バターやヨーグルトの需要拡大が続くとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン