/

山梨女児不明、居場所つかめず8歳に 母「日々つらく」

山梨県道志村のキャンプ場で昨年9月に行方不明となった千葉県成田市の小倉美咲さんが13日、8歳の誕生日を迎えた。「一生守っていくと思ったが、今は誕生日も祝えず、日々つらく悲しい思いが積み重なっている」。新型コロナウイルスの影響でビラ配りができない中、母のとも子さん(37)はSNS(交流サイト)で情報提供の呼び掛けを続けている。

昨年の誕生祝いでディズニーランドを訪れた小倉美咲さん(2019年5月6日、千葉県浦安市)=家族提供・共同

「8年前の5月13日は母の日で、最高のプレゼントだった」。とも子さんはあの日のことを鮮明に覚えている。例年なら、この時期に美咲さんが大好きなディズニーランドに行っていた。今年は盛大なお祝いはせず、娘への感謝をかみしめて過ごす。

新型コロナウイルスの感染拡大で3月から街頭でのビラ配りをやめており、SNSやブログが頼り。「こんな時にネットをするなんて信じられない」といった心ないコメントが今もあるが、呼び掛けを拡散してくれる人も多く、心の支えになっている。とも子さんは「1人で過ごす美咲が一番つらい。無事を信じて捜し続ける」と力を込めた。

美咲さんは昨年9月21日、家族らとキャンプ場を訪れ、行方不明となった。県警や地元消防、自衛隊が延べ約1700人で捜索したが発見できず、同10月6日に大規模捜索は打ち切られた。県警には3千件以上の情報提供があるが、手掛かりは得られていない。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン