/

この記事は会員限定です

「医療安保」アジア分散で 日本への期待なお高く

アジア総局長 高橋徹

[有料会員限定]

「あの日本がこんなにてこずるとは。我々と同じく、緊急事態の宣言が遅かったからなのか」

4月10日に大規模な行動制限に踏み切ったものの、新型コロナウイルスの感染者数が1万5千人を超えたインドネシア。政府高官は日本の状況を気にかける。

中国から欧米へと広がったウイルスは、3月中旬には東南アジアでも感染が急拡大した。総じて医療水準に課題を抱える東南アジアは、欧米に近い厳格な都市封鎖に踏み切った。新規感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1957文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

高橋 徹

カバージャンル

  • アジア情勢
  • 経済
  • 産業

経歴

現職はアジア編集総局長兼論説委員。バンコクに駐在し、東南アジアや南アジア、オセアニアの政治・経済・産業動向をカバーしています。元々は産業畑で育ち、自動車や通信、建設・不動産、エネルギー、商社、電機等の業界を取材してきました。2010~15年にはバンコク支局長でした。著書「タイ混迷からの脱出」で16年度の大平正芳記念特別賞を受賞。電子版コラム「Asia Analysis」やオピニオン面「Deep Insight」を執筆しています。

活動実績

2020年6月23日 シンガポール日本商工会議所主催のオンラインセミナー「コロナ後のASEAN政治・経済を展望する」モデレーター
2020年5月6日 BSテレビ東京「日経プラス10」で東南アジアの新型コロナ状況について解説
2020年2月25日 「日経フォーラム・ジャカルタ2020」のモデレーター
2019年5月30~31日 第25回国際交流会議「アジアの未来」で総合司会

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン