改正バリアフリー法が成立、スロープや照明に基準

2020/5/13 14:00
保存
共有
印刷
その他

高齢者や障害者の円滑な移動を支援するための改正バリアフリー法が13日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。スロープ板の適切な操作や照明の明るさなどの基準を設け、公共交通事業者に順守するよう義務付ける。ハード面だけでなくソフト面でもバリアフリー化を進める。

車両の優先席や障害者用トイレなどの適正な利用の推進を国や地方自治体などの責務とする。一部の規定を除き、2021年4月に施行する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]