オンライン教育に共働き親悲鳴 みなし労働など配慮課題

2020/5/14 12:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オンライン教育を始める学校が増えている。休校中の子供の学びを支えるが、小学校低学年の子供がパソコンを使いこなしたり、一人で課題を進めたりすることは困難。共働きの親からは「仕事しながら子供の勉強に付き添うのは大変」との悲鳴が上がる。

■社会の課題が「方位」、花の種まきも

「社会や理科も親が面倒を見ないと」。東京都の30代の女性会社員は手伝うことの多さにため息をつく。小3の息子が通う国立小で最近、オン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]