/

映画館、営業を一部再開 イオンシネマは16県27劇場で

イオンシネマは16県27カ所で18日から営業を再開する

大手映画館各社が一部で営業を再開する。イオンエンターテイメント(東京・港)は13日、16県27劇場の営業を18日に再開すると発表した。シネマコンプレックス(複合映画館)のTOHOシネマズ(東京・千代田)は直営の10劇場を、松竹は5劇場の営業を15日に再開する。各社は座席の間隔を空けるほか入場前に検温を実施するなど、感染症対策を徹底する。

イオンエンターテイメントが営業を再開する劇場はイオンシネマ弘前(青森県弘前市)、同富士宮(静岡県富士宮市)、同熊本(熊本県上益城郡)など27カ所。同社は緊急事態宣言が全国に拡大した4月16日以降、全国の35都道府県92劇場の営業を休止していた。

営業再開にあたって、各社は感染症対策を強化する。イオンエンターテイメントは入場前に客の検温を徹底する。体温が37.5度以上の場合は入場できない。席は前後左右を空ける。TOHOシネマズはロビーにあるソファやテーブルを撤去し、客同士の「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」を保てるようにする。

政府は30県以上で緊急事態宣言の解除を検討している。また劇場や映画館について、席配置の確保などの対策で、使用制限を緩和できる指針を示している。(平岡大輝)

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン