/

この記事は会員限定です

「食で活躍する人材、より多く」岩佐大輝氏

農業生産法人GRA代表

[有料会員限定]

東日本大震災直後の2011年夏に故郷の宮城県でイチゴ栽培プロジェクトを起こした岩佐大輝さん(42)。IT(情報技術)活用や食のブランド化で成果を上げながら、さらに農業がサステナブルな魅力を持つ産業へ変革することに挑んでいます。

岩佐大輝氏(いわさ・ひろき) 1977年生まれ。宮城県出身。ITベンチャーを起業後、東日本大震災を受けて先端施設園芸を軸にした地域活性化を目的とするGRAを創設した。

 ――2030年の世界の姿は。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン