/

改正案と黒川氏の定年延長「無関係」 武田行革相

武田良太行政改革相は13日午前の内閣委員会で、検察官の定年延長を含む国家公務員法改正案と、黒川弘務東京高検検事長の定年延長は無関係だと説明した。無所属の今井雅人氏への答弁。

国家公務員法の延長規定は検察官には適用されないとの政府答弁が以前にあったが、政府は黒川氏の定年延長の閣議決定前に法解釈を変更した。武田氏は「今回の解釈変更は紛れもなく法改正のためにやった」と述べ、黒川氏の定年延長のためではないとの考えを示した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン