/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]ヴァージン、宇宙ベンチャーが航空事業救うか

[有料会員限定]
Financial Times

今は、ニューヨークからロンドンへの空の旅もおぼつかない。宇宙の旅などは空想の世界だ。ところが公開市場の投資家は、前者より後者に説得力があると考えている。リチャード・ブランソン氏の米宇宙旅行ベンチャー、ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングスは、2019年10月にニューヨーク証券取引所に上場した。まだ予約を受け付けて試験飛行を行っている段階だが、株価は2倍になり、時価総額は40億ドル(約430...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン