/

この記事は会員限定です

イズミ、AI発注を全店で 天気や気温で需要予測

[有料会員限定]

中四国や九州が地盤のイズミは食品売り場で商品別に需要を予測し、自動で発注する人工知能(AI)システムを8月までに全102店に導入する。人口減やドラッグストアなどとの競争激化により、ここ2年に出した新店は苦戦している。ムダな廃棄を減らすほか発注時間も短縮。効率化で捻出した利益を商品の値下げにも生かし、集客力を高める。

翌日以降の天気や気温、ポイントの付与率などをもとに、来店客数や商品ごとの需要を予測する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン