/

この記事は会員限定です

訪問×ITで買い物代行 茨城・日立のコンプラス

[有料会員限定]

高齢化の進む茨城県日立市で、IT(情報技術)と訪問を組み合わせた買い物代行サービスが始まった。考案したのは同市のスタートアップ企業のコンプラス。時間に余裕がある市民が「サポーター」として高齢者らの代わりにスマートフォンで商品を発注し、配送する。新型コロナウイルスの影響で外出を控える人の関心も高いという。

健康や交通の制約から買い物に不便さを感じる高齢者は増えている。日立市では3人に1人が65歳以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン