トヨタ、HV技術の外販車50万台へ 24~25年に

愛知
2020/5/12 19:30
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は12日、2024~25年に自社以外の自動車メーカーなどに販売したハイブリッド車(HV)システムの搭載車両が年間で約50万台になるとの見通しを明らかにした。各国・地域の環境規制で電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)への優遇策が相次ぐなか、得意のHVで「仲間作り」を進める。

同日の決算会見で技術担当の寺師茂樹執行役員は「今の契約段階で24~25年にかけて年間50万台を超える台数のお話をいただいている」と話した。トヨタは19年にモーターや電力変換装置など2万件を超えるHV技術の特許権を無償開放することを打ち出した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]