世界の自動車、日米欧で減産500万台 20年3~4月

2020/5/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で世界の自動車メーカーがリーマン・ショック以来の苦境に直面している。2020年3~4月の日米欧での自動車の減産規模は約500万台と通常時の生産の8割に達した。20年の世界の自動車工場の年間稼働率は、リーマン・ショック後の09年(62%)を下回り約5割にとどまるとの推計もある。裾野が広い自動車産業の停滞は景気にも影響を及ぼす。次世代自動車技術への投資でも米IT大手などに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]