/

大阪府、12日の新規感染6人 解除基準は5日目も達成

大阪府は12日、新型コロナウイルスの感染者を新たに6人確認したと発表した。府内の感染者は累計で1750人となった。休業や外出自粛の要請を段階的に解除する際の3つの独自基準は5日連続で満たした。

府の独自基準は8日から適用。8~14日までの7日間連続で基準を満たした場合、16日から休業要請などを段階的に解除するとしている。14日にも解除の対象と、営業を再開する場合の感染防止対策の指針を公表する。

3つの基準のうち、感染経路不明者数と陽性率は、12日までの7日間の平均で3.43人と2.0%となり、「10人未満」と「7%未満」という基準をそれぞれ満たした。重症者向けの病床使用率は26.6%で、「60%未満」の基準内だった。

12日に判明した感染者のうち、感染経路が不明だったのは2人。陽性率は1.3%だった。20代の医療従事者の男性が自宅療養後、再び検査で陽性が確認されたことが判明し、こうした「再陽性」は府内で8例目になった。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン