トヨタ、世界販売15%減 「リーマン上回る打撃」

2020/5/12 22:30 (2020/5/13 5:39更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界の自動車産業の生産やサプライチェーン(供給網)に大きな打撃を与えた。トヨタ自動車にも「リーマン時を上回る」(豊田章男社長)衝撃となり、2021年3月期の世界販売台数は前期比15%減を見込む。トヨタは生産の回復とともに、供給網を見直し、生産や調達の分散を進める。国内生産回帰の政府支援活用も検討する方針だ。

トヨタの今期の世界販売台数は890万台と8年ぶりに100…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]