/

大阪府、感染拡大防止へ独自システム QRコード活用

大阪府の吉村洋文知事は12日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、QRコードを活用してイベントの参加者や店舗の利用者を把握し、感染の発生情報を迅速に伝える独自システムの運用を5月中にも開始すると発表した。

大阪府は15日にも独自の基準に基づき、感染状況に応じて段階的に休業要請の解除などを判断する方針。解除後にイベントや店舗などで感染者が出た場合に備え、システムを作成したという。

イベントなどの主催者は大阪府のホームページからQRコードを取得し、印刷して会場の入り口などに掲示する。イベントの参加者がスマートフォンでQRコードを読み込み、大阪府のサイトにアクセスしてメールアドレスを登録する。

イベント後に感染者が発生した場合、府は利用者のアドレスに一斉通知し、健康状態に応じて相談を促す。氏名や住所、電話番号などの入力は必要なく、アドレスの情報は府が管理する。

吉村氏は「不特定多数の集まる劇場やライブハウス、パチンコ店で利用してもらいたい」と述べた。通知を受けた人は優先的に検査を受けさせる考えも示し、「保健所業務も合理化できる」と述べた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン