/

この記事は会員限定です

出るか「優待やめよ」の声 雇用維持か株主利益か

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

3月の東証1部売買代金が1日平均で過去最高の4兆121億円となり、証券会社は一息ついた。オンライン証券は口座開設が急増し、3月末の公表口座数はSBI証券が初めて野村証券を上回った。しかし、もう相場の底割れがないかというと、経験則ではその可能性は3分の1程度だ。業績予想が未定だらけの決算発表では減配リスクも拭えない。リターン追求は二の次にし、人気優待銘柄を納得できる価格で買うほうが得策かもしれない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン