漁船・工場・富士の稜線…田子の浦港の「産業絶景」
日本のテクノスケープ(1) 岡田昌彰(景観学者)

カバーストーリー
2020/5/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工業立国ニッポンの各地に見られる壮大な工場群。工業発展の過程で、偶発的に生まれた個性的なテクノスケープ(産業景観)を景観学者の岡田昌彰氏が紹介する。

各地の工場群はときに地域との間に軋轢(あつれき)を生みながらも、企業や自治体、そして市民らの努力によって長く共存共栄を果たしてきた。最近は工場が形づくる個性的なテクノスケープにも注目が集まっている。この文化的景観の醍醐味を概観してみよう。

〈田…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]