/

この記事は会員限定です

越後繊維、ロードバイク第2の柱に 自信の品質

信越企業 攻めの一手

[有料会員限定]

繊維卸として100年の歴史を有する越後繊維(新潟県上越市)が昨年、自転車競技などに使うロードバイク事業に参入した。技術力のある中国の工場と提携。地元で最終的に仕上げ販売する。価格競争の激化やユニクロなどSPA(製造小売り)の台頭で本業の衣料品販売の先行きが厳しいことから、第2の柱にするため新たな事業展開に挑む。

越後繊維が2019年3月に発売したロードバイク「毘沙(BISYA)」。11段変速で、フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン