/

この記事は会員限定です

手探りのオンライン授業、「双方向」で議論活発に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、大学にオンライン授業を導入する動きが加速している。一方通行の動画配信だけでなく、遠隔会議システムを活用し、教員や学生が対面型の授業と同じように議論を交わせるよう工夫を凝らす。場所を選ばず授業を受けられる利点は大きい半面、新型コロナ収束後の定着にはコストや通信の安定性など課題も多い。

4月中旬、新学期を迎えた名古屋商科大学の名古屋丸の内キャンパス(名古屋市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン