鉄鋼 加工して出荷、小野建 150億円投じ4拠点
顧客の人手不足に対応

2020/5/12 19:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄鋼商社大手の小野建は約150億円を投じ、鉄鋼を加工できる物流拠点を福岡県などに4カ所新設する。鋼材に曲げや穴開けなど簡単な加工を施し、販売する。顧客の機械や建設会社は人手不足で、加工済み製品のニーズが高まっていることに対応する。鉄鋼市況の悪化や新型コロナウイルスの逆風もあるが、あえて大型投資に踏み切り、競争力を高める。

小野建は国内で主要な物流拠点を8カ所展開し、常時24万トン前後の鉄鋼の在庫…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]