/

この記事は会員限定です

盲導犬も北の国から、年10匹以上輩出の原資は寄付

[有料会員限定]

2020年に創立50年を迎えた北海道盲導犬協会(札幌市)はこれまで計560匹の盲導犬を世に送り出してきた。冬道の訓練・育成ができる施設は全国でここだけ。道内初の盲導犬からとった「ミーナの募金箱」が道内のホテルやコンビニに6000カ所設置されるなど地域の理解も深く、運営コストの約8割を寄付でまかなっている。

和田孝文所長は「視覚障害者が笑顔で外出できるような環境になるよう、力になりたい」との思いを強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン