新型コロナ対策、日本は不透明 米英記者が指摘
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
2020/5/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界に拡大した新型コロナウイルス感染症への対処は、国の政治の仕組みや文化によって異なる。科学報道や科学コミュニケーションに携わる人々が組織する日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ)は5月8日、米英を結ぶオンラインの勉強会を開き、米英に住む日本人ジャーナリストがそれぞれの国の状況を語った。都市封鎖を回避し独自の道を探る日本の現状については「不透明」で「モデルにはならない」と厳しく指摘した。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]