最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,418.51 -67.29
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,420 -70

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

[映像あり]

リゾートトラスト 伏見 有貴社長

2020年10月28日

景気判断「持ち直し」 財務省、全地域で引き上げ [映像あり]

大塚家具の大塚久美子社長が辞任へ 経営責任を明確化

2020年10月28日

[PR]

業績ニュース

トヨタの今期営業利益、8割減の5000億円 新型コロナで

2020/5/12 13:14
保存
共有
印刷
その他

ライブ中継で記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長(12日)

ライブ中継で記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長(12日)

トヨタ自動車は12日、2021年3月期の連結業績について、本業のもうけを示す営業利益が前期比8割減の5000億円になりそうだと発表した。減益は2年連続。新型コロナウイルスの感染拡大で世界の自動車市場が冷え込み、世界販売は155万台減の890万台を見込む。

トヨタの営業損益はリーマン・ショック直後の09年3月期に赤字に転落し、東日本大震災後の12年3月期は3556億円の黒字だった。21年3月期は黒字を確保する見通しとはいえ、5月は国内の生産が当初計画の半分程度になるなど、厳しい事業環境が続くとみている。

売上高は20%減の24兆円となる見通し。

同日発表した20年3月期の連結決算は、最終的なもうけを示す純利益が前の期比10%増の2兆761億円、売上高は1%減の29兆9299億円だった。

昨年秋ごろまで収益は比較的堅調で、今年2月には純利益見通しを上方修正していた。相前後して新型コロナウイルスの感染拡大とともに収益環境は一転、急速に悪化。1~3月期(第4四半期)に限ると、営業利益は前年同期に比べて27%減だった。

海外子会社の多くは12月決算のため、今回の連結決算には反映されていない。新型コロナウイルスに伴う販売減や減産の影響は今後、一段と顕在化する可能性がある。トヨタは中国では3月に工場の操業を正常化させた。一方、英国は休止を一部延長し、国内では5月の生産が当初計画の半分にとどまる見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム