/

トヨタの今期営業利益、8割減の5000億円 新型コロナで

ライブ中継で記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長(12日)

トヨタ自動車は12日、2021年3月期の連結業績について、本業のもうけを示す営業利益が前期比8割減の5000億円になりそうだと発表した。減益は2年連続。新型コロナウイルスの感染拡大で世界の自動車市場が冷え込み、世界販売は155万台減の890万台を見込む。

トヨタの営業損益はリーマン・ショック直後の09年3月期に赤字に転落し、東日本大震災後の12年3月期は3556億円の黒字だった。21年3月期は黒字を確保する見通しとはいえ、5月は国内の生産が当初計画の半分程度になるなど、厳しい事業環境が続くとみている。

売上高は20%減の24兆円となる見通し。

同日発表した20年3月期の連結決算は、最終的なもうけを示す純利益が前の期比10%増の2兆761億円、売上高は1%減の29兆9299億円だった。

昨年秋ごろまで収益は比較的堅調で、今年2月には純利益見通しを上方修正していた。相前後して新型コロナウイルスの感染拡大とともに収益環境は一転、急速に悪化。1~3月期(第4四半期)に限ると、営業利益は前年同期に比べて27%減だった。

海外子会社の多くは12月決算のため、今回の連結決算には反映されていない。新型コロナウイルスに伴う販売減や減産の影響は今後、一段と顕在化する可能性がある。トヨタは中国では3月に工場の操業を正常化させた。一方、英国は休止を一部延長し、国内では5月の生産が当初計画の半分にとどまる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン