コロナで「安定業種」も明暗 関西電力「今期に影響」
JR西日本は一時帰休、レトルト・ソーセージ好調

2020/5/12 12:30 (2020/5/12 19:10更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

景気に左右されず業績が安定している「ディフェンシブ」と呼ばれる業種に、新型コロナウイルスの感染拡大が明暗をもたらしている。ホテルや商業施設の利用が減り、関西での送電量は4月に前年同月より5%減った。鉄道では新幹線の乗客は前年の1割を切る。一方で家にこもる人が増え、食品メーカーや通信は追い風を受けている。在宅勤務など生活スタイルの変化が広がれば、「安定」の水準も変わりそうだ。

全国の電気の需給を管…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]