ライブや演劇の中止・延期 「関西で288億円損失」

2020/5/12 12:09 (2020/5/12 18:43更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、関西2府4県で5月末までに音楽ライブや演劇1222公演が中止・延期となり、チケットや物販などで約288億円の損失が出たとの調査を12日、音楽ライブなどの主催者団体であるコンサートプロモーターズ協会関西部会がまとめた。

同協会に加盟する大阪ウドー音楽事務所など8事業者が、政府が大規模イベントの自粛要請をした2月26日から5月31日までに中止・延期したコンサート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]