中学受験、コロナで混沌 入試方法が変わる可能性も
中学受験インタビュー(上)教育評論家・小川大介さん

2020/5/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の延長を受け、休校期間を延長する学校も出てきた。3月の休校措置から既に2カ月が経過。先が見通せないなか、受験生や保護者には「受験勉強を続行すべきか、諦めるべきか」など不安の声が広がっている。コロナ後、受験はどこが変わるだろうか。親子はどう心づもりをして今の時期を過ごすといいだろうか。中学受験に強い教育評論家の小川大介さんに聞いた。

――コロナ禍で受験者数に影響は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]