/

在留資格更新、3カ月間猶予 7月在留期限の外国人も対象に

出入国在留管理庁は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、3~7月に在留期限を迎える外国人の在留資格の更新申請を3カ月間猶予すると発表した。入管窓口の混雑の緩和にもつなげる。資格変更の許可申請も3カ月間猶予する。

これまで3~6月に在留期限を迎える人の申請を3カ月間延長していた。新型コロナの影響が長期化しているのを受け、7月に満了する人も新たに対象に入れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン