東京都医師会の尾崎会長、PCR検査拠点 手続きに課題
新型コロナ 地方揺らぐ インタビュー編

2020/5/12 12:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都内の新型コロナウイルスの新規の感染者数がピーク時と比べると減少してきた。だが外出自粛モードが緩めば、再び増加に転じる恐れがある。感染者数を抑え、通常の生活や経済活動を取り戻すために何が必要か。東京都医師会(東京・千代田)の尾崎治夫会長に聞いた。

――最近の都内での1日当たり新規感染者数は10~30人台で推移しています。感染の現状をどうみますか。

「感染者数は減り、(検査数に対する)陽性率も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]