APU出口学長「オンライン活用広がる」奨学金も拡充
コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

大学
2020/5/12 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

立命館アジア太平洋大学(大分県別府市、APU)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、上半期の授業をオンライン化する。出口治明学長はウェブ会議システムで日本経済新聞の取材に応じ、今後「オンラインとオフラインの利点を生かした『ハイブリッド』な社会になる」と指摘。新型コロナで学費の支払いが難しい学生に対し、新たな奨学金制度を設ける方針を明らかにした。

――授業開始の遅れなど大学も影響を受けていますが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]