/

大学サーバーがダウン 遠隔授業開始の影響か

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、各大学がキャンパスを閉鎖し、オンラインによる遠隔授業の取り組みが広がる中、ツイッター上では11日、各大学のサーバーがダウンしたとの投稿が相次いだ。ゴールデンウイークが終わり、本格的に遠隔授業を始めた大学が多いことが影響したとみられる。

東海大は11日から、オンラインでの遠隔授業を開始した。ホームページ(HP)上にはシステム障害のため利用できないとするお知らせを掲載し、原因は調査中としている。早稲田大も、HPで一部のオンデマンド動画が再生できない障害が発生しているとした。

ツイッター上ではほかにも、青山学院大、国学院大など複数の大学について、学生とみられる人物らが「授業開始早々大変なことになった。早くよくなるといいな」とするなど同様の内容が投稿された。

高校の多くがオンライン学習用に利用しているシステム「Classi(クラッシー)」についても、生徒とみられる人物らから「開けない」といった投稿が相次いでいる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン