中国、5G契約シェア7割へ 米欧はコロナで足踏み

2020/5/11 22:00 (2020/5/12 5:32更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【広州=川上尚志】中国が次世代通信規格「5G」の普及を加速している。既に5G対応のスマートフォンの契約は5000万件を突破。年内には国内で対応スマホが100機種出そろい、契約数で世界の7割を握る見通しだ。世界でも20カ国以上で5Gサービスが開始した。ただ対象地域が国内の一部にとどまり、新型コロナウイルスの影響で通信網の整備や対応スマホの投入遅れも目立つ。中国は着々と投資を拡大し、5Gで覇権を握ろ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]