/

この記事は会員限定です

ノバルティスの治療薬、国内最高の1.6~1.7億円で調整

(更新) [有料会員限定]

厚生労働省はスイス製薬大手ノバルティスの難病治療薬「ゾルゲンスマ」について、公的医療保険での薬の価格(薬価)を1億6千万~1億7千万円とする方向で調整に入った。国内最高額の薬になる。患者が少ない難病薬の開発では、各国が承認審査の短縮など支援制度を充実している。創薬技術の高度化もあり、難病薬の開発が進みそうだ。

13日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の総会でゾルゲンスマの薬価を決め、保険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン