レムデシビルに続きアビガン承認へ コロナ治療に光?

日経ビジネス
2020/5/13 2:00
保存
共有
印刷
その他

米ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」は新型コロナウイルスを対象にした日本で初めての医薬品となった

米ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」は新型コロナウイルスを対象にした日本で初めての医薬品となった

日経ビジネス電子版

米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬レムデシビルが7日、重症の新型コロナウイルスに対して承認された。富士フイルムのグループ企業の抗インフルエンザ薬アビガンも安倍晋三首相が5月中に承認する見通しを示している。既に承認されている医薬品を転用して、新型コロナへの武器を模索する動きが加速している。

【関連記事】
・新型コロナの有望薬「アビガン」「レムデシビル」ってどんな薬?
・テルモ、新型コロナ「重症化」対応治療装置が米国で使用許諾

7日、厚生労働省はギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「ベクルリー」(一般名レムデシビル)を承認した。4日に申請されたばかりだったが、わずか3日で特例承認した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を対象にした日本で初めての医薬品となった。対象は重症患者だ。

レムデシビルはギリアドがエボラ出血熱を対象に開発を進めていた注射薬。コロナウイルスは細胞内に入ると、RNAポリメラーゼという酵素を作りだし、その働きによって、自らの遺伝子の複製を作って増殖する。レムデシビルはRNAポリメラーゼの働きを妨げ、ウイルスが増殖するのを抑える。

米食品医薬品局(FDA)は1日、レムデシビルをCOVID-19の重症入院患者に対する治療薬として緊急使用許可(EUA)を与えていた。緊急使用許可はFDAによる正式な承認とは異なり、一時的に使用を認めるものだ。

■海外販売を根拠に特例承認

米国で緊急使用が許可されたことを受け、日本で医薬品医療機器等法に基づいて特例承認された。特例承認は、(1)緊急の使用が必要(2)この医薬品の使用以外に適切な方法がない(3)海外で販売などが認められている──の要件を満たす医薬品を迅速に承認するもの。対象疾患や対象国が政令で定められていたため、政府は2日に政令を改正してギリアドからの承認申請に備えていた。米国での承認はあくまでも緊急使用許可なので、日本が世界で初めてレムデシビルを正式承認した格好だ。ただし、上記の3つの要件が欠けた場合には取り消すことができるので、例えば米国でのEUAが取り消された場合には、日本でも取り消しとなる可能性はある。

いずれにせよ、今後ギリアドは、特例承認時に提出を猶予された臨床試験以外の資料などを、提出しなければならない。また、実際にレムデシビルを使った症例のデータを可能な限り全て報告しなければならないなどの条件も付けられた。

■流通には厚労省が介在

日本での承認は、米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の主導で重症患者を対象に行われた臨床試験と、ギリアドが重症患者を対象に実施中の臨床試験、人道的見地から投与した経験などに基づくものだ。NIAIDの試験の予備的な解析では、10日間の投与により回復までの期間が31%早まった。有意差はないものの、29日後までの死亡率にも改善傾向が見られた。

レムデシビルの投与との因果関係は分からないが、投与患者に様々な症状が生じたことも報告されている。安全性に関するデータが十分ではないため、厚労省は重大な副作用として急性腎障害や肝機能障害、低血圧、吐き気、嘔吐(おうと)、発汗、振戦などを挙げて注意を促している。

さて、レムデシビルはいつどこで使われるようになるのか。重症患者が対象なので、原則は人工呼吸器などを使っている入院中の患者になるだろう。ギリアドは世界で14万人分を無償提供すると発表しているが、日本への輸入量、輸入時期は明らかにしていない。ただ、厚労省は「日本への供給量が限定的となる可能性がある」として、7日、医療機関ごとの投与対象者を把握するウェブ調査への協力を要請。当面の間は厚労省が流通に介在し、投与を受ける患者から申請書の提出を受けて、各医療機関に配分することにしている。ちなみに、COVID-19による入院は感染症法に基づくため、患者に費用負担は求められない。

いずれにせよ、承認されたとはいえ、レムデシビルの使用はかなり制限されたものにはなりそうだ。

■アビガンも5月中の承認にめど?

レムデシビルに続いて早期の承認が期待されるのが富士フイルムホールディングスの100%子会社の製薬企業、富士フイルム富山化学の「アビガン」(一般名ファビピラビル)。2014年に新型インフルエンザに対する抗ウイルス薬として承認され、200万人分が備蓄されており、新型コロナ向けに換算すると70万人分となる。政府はこの備蓄量を新型コロナで200万人分まで引き上げる方針を打ち出している。

「アビガン」もウイルスが作ったRNAポリメラーゼの働きを妨げて増殖を抑える

「アビガン」もウイルスが作ったRNAポリメラーゼの働きを妨げて増殖を抑える

アビガンもレムデシビルと同様、ウイルスが作ったRNAポリメラーゼの働きを妨げて増殖するのを抑える薬だ。レムデシビルと違って経口薬なので、重症者よりも軽症者に使いやすい。

日本で承認済みでも、対象疾患は異なるし、COVID-19に対しては約3倍の量の投与が必要と考えられている。このため富士フイルム富山化学では有効性と安全性を確認するため約100例の企業治験を実施中で、6月末にも終了する見通し。海外でアビガンは販売されていないので、レムデシビルのように特例承認は使えない。

ところが、安倍晋三首相は4日の会見で、「月内の承認を目指す」と明言した。大学などがCOVID-19に対する臨床研究などを行っているため、それらのデータも利用して承認するスキームにめどを付けたものと思われる。もっとも厚労省は「どのようなデータが出てくるかだが、有効性などについてはしっかり確認する」としている。

■観察研究に参加すれば投与可能

アビガンはこれまで国内で、大学などによる臨床研究(特定臨床研究や観察研究など)が行われてきた。安倍首相は4日の会見で、「国内で3000例近い投与が行われてきた」と明かしたが、その大半は観察研究だ。

観察研究は、本来の適応とは異なる投与を行った治療に関するデータを集めて分析する研究のことで、原則、医療機関の倫理審査委員会などの手続きを経て実施する必要がある。

ただ、厚労省は4日、観察研究によるアビガンの使用がより迅速に行えるよう、一定の手続きを行った医療機関では倫理審査委員会の承認など、観察研究への登録は事後でもよい旨の事務連絡を行った。なお、観察研究に参加してアビガンの投与を希望する場合、代表研究機関の藤田医科大研究事務局か国立国際医療研究センター研究事務局に、医療機関から連絡することを求めている。アビガンも現状では、希望すれば誰でも投与してもらえるものではないことに留意すべきだ。

またアビガンの観察研究に関しては、4月18日に開催された日本感染症学会の特別シンポジウムで藤田医科大学の土井洋平教授が、「軽・中等症の9割、重症者の6割で改善に向かった」などと説明したが、これらは比較試験ではなく、改善に向かった理由が薬の作用によるものかどうかは分からない。有効性については臨床試験の結果が出るのを待つ必要があるだろう。

一方で、アビガンの安全性については、動物実験で催奇形性が見られたことから、妊婦や妊娠の可能性がある人には使わないようにするなどの注意が必要だ。

レムデシビルとアビガン以外にも既存の医薬品の幾つかが、COVID-19に効果が期待されるとの考えから、臨床研究や企業治験などが行われている。既存薬の転用の場合、原則、安全性は確認済みなので、承認取得までのハードルは低い。ワクチンや抗体、新薬などを設計するところから手掛けると、その設計や製造方法の検討などに時間がかかることに加え、動物実験のデータなども一から用意しなければならず、年単位の時間がかかる。

日本での承認のハードルが比較的低いと思われるCOVID-19向けに開発中の医薬品は中外製薬の「アクテムラ」など、ほかにも多くある。これらの開発が進み、有効性が示されれば、COVID-19への武器がそろっていきそうだ。

(日経ビジネス 橋本宗明)

[日経ビジネス電子版2020年5月11日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]