7/14 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ続伸10ドル高 一時563ドル高もコロナ再拡大嫌気
  2. 2位: コロナ下、動き出す消費 家電や自転車に給付金需要[有料会員限定]
  3. 3位: IT株騰勢でにじむ焦り 機関投資家、出遅れ挽回へ[有料会員限定]
  4. 4位: 米ファイザーの新型コロナワクチン、FDAが優先審査
  5. 5位: 半導体2兆円買収 帰ってきた合併の月曜日(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,001,120億円
  • 東証2部 68,095億円
  • ジャスダック 92,082億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.90倍20.42倍
株式益回り5.28%4.89%
配当利回り2.06% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,605.38 -179.36
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,600 -110

[PR]

スクランブル

フォローする

株、円高でも半値戻しの怪 輸出主導、持続力どこまで
証券部 佐伯遼

2020/5/11 22:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京株式市場で日経平均株価は新型コロナウイルスの影響による2月の急落前と3月半ばの底値との間である「半値(2万0318円)戻し」を達成した。この間、円相場は1ドル=110円程度から106円台に上昇したが、株価は「常識」に反し輸出株が主導し回復をたどった。次に意識される急落前の2万3千円程度に向けても株高・円高は持続するのか。

11日の日経平均は前週末比211円(1%)高の2万0390円で終えた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム