/

この記事は会員限定です

楽天、携帯じわり始動 重圧増す「8000億円」回収

証券部 秦野貫

[有料会員限定]

楽天が13日に発表する2020年1~3月期の連結決算は前年同期比で最終減益になったようだ。「巣ごもり需要」を受けて電子商取引(EC)は好調だったが、携帯電話事業の先行投資が足を引っ張った。「初年度300万人無料」を目標に本格参入したものの新型コロナ禍などで市場が期待したロケットスタートとはならず、3月末の契約者数は20万人程度にとどまったもよう。顧客獲得が遅れるようだと、10年で8000億円にのぼる基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン