三菱UFJ、国内初「コロナ債」600億円 中小融資に活用
【イブニングスクープ】

金融最前線
金融機関
2020/5/11 18:00 (2020/5/12 5:40更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJフィナンシャル・グループは国内で初めて、新型コロナウイルスへの対応を目的とした社債を発行する。6月上旬をメドに600億円程度の発行を目指す。調達した資金は資金繰りに苦しむ中小企業への融資にあてる。ESG(環境・社会・企業統治)を重視する投資家の資金を呼び込むのが狙いだ。

新型コロナの感染拡大を受けた医療体制の構築や、企業の資金繰り支援を使い道とする債券は「コロナ債」と呼ばれる。三菱UF…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]