/

この記事は会員限定です

外貨建て保険急ブレーキ 1~3月の銀行窓販4割減

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で貯蓄性保険の販売に急ブレーキがかかっている。代表格である外貨建て保険の今年1~3月の銀行窓口販売額は約6000億円強と、前年同期比で4割減ったもようだ。世界的な金融緩和と金利低下で外国債券の利回りが急低下し、販売停止に追い込まれたためだ。個人マネーを吸収してきた貯蓄性保険は見直しを迫られている。

外貨建て保険は保険金や解約時の返戻金で資産を増やす目的で入る「貯蓄性保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン